C#, WPF(Windows Presentation Foundation), Windows Forms で画像を扱うプログラミングの情報をお知らせします。PowerShell や Python や Swift の情報もあります。皆さんの仕事や学業のヒントに、このウェブページの情報をご活用ください。

C#

WPF や Windows Forms などのフレームワークを問わない一般的な情報

WPF

マイクロソフトが利用を推奨しているフレームワークで画像を扱う方法

Windows Forms

昔から存在する枯れたフレームワークで画像を扱う方法

PowerShell

Windowsで自動処理を実現するスクリプト

Python

画像処理を簡単に扱えるスクリプト言語

Swift

iPhoneのプログラミング

以下は新しい順で投稿をリストしています。


  • 引数ラベルを省略する
    メソッド呼び出しの引数ラベルを省略表記する方法と、戻り値を省略表記する方法を紹介します。
  • リソース文字列をString型変数に読み込む
    リソース文字列を、String型の変数に読み込む方法を紹介します。
  • 可変長引数
    可変長引数の使い方をご紹介します。可読性が下がるので、いろんなスキルの人でチーム開発している場合は利用しないほうがいいでしょう。
  • 定義済み色をリストアップする
    定義済み色をリストアップする方法と、その色のRGB成分を参照する方法を紹介します。
  • プロパティの使いみち
    クラスの private メンバを、味付けして取り出せるのがプロパティです。この実例を簡単なコードを交えて紹介します。